2011年06月22日

まず一勝

交渉第1回目。
そこはシホコさん、じんわりじんわり作戦です。

まずは上司の鹿児島出身I女史に
「ダンナが労基に行くっていい始めたんですが
ヤバくないですか」アラート。
素人ながらこの辺抵触しそう情報と
ほんと面倒な男ですみません、
なにぶんもっこすなもので、を添付して。

来ましたね、速攻レスが。

元人事のコンプラ担当役員呼出しで
即日ミーティング。

役員の判断をしても、こりゃまずいかもな、で。
まずは人事に事実確認してみて
場合によってはボードの耳にも入れなきゃ。
これを機に時短の定義づくりもしないとね。

と、ジャブ入れは完全勝利。ふふん。

役員が本当に動くのか、
時短の定義は正当なものになるのか、
振り返って返済されるのか、
まだまだ未知数な中でぬか喜びかもしれないけど。
何せ社長の一言で今の制度になったはずで
神の彼がふざけんなと発した瞬間
全てがチャラなのは見えているから
外掘にも達していないのだけれど。

でもま、今夜は小さく祝杯だな。
posted by しほ at 18:33| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でございます。

彼はやっぱり「ネ申」なんだ。
もちろん知っているけど。
Posted by み at 2011年06月22日 22:51
>み さま

そりゃ まだ もちろん、でございます。
Posted by しほ at 2011年06月23日 11:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/211295085
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。