2010年03月19日

VIVA下町

人見知り一切なしのハルのおかげで
ご近所さんには随分顔なじみが増えた。
もし突然産気付いても
多分どなたかがにぃさんorババが到着するまで
ハルのことを預かってくれるだろうし、
災害があってもお互い助けあえるんじゃ、て期待してる。


中のひとりは、マンションのお掃除のおじさん。
この辺でお着物問屋を経営されていたとのこと
産着を一般人にも分けてくださるお店を聞いたら
「僕の後輩が近くにいるから」と
仕事後にわざわざご紹介に連れていって下さった。

結果、お宮参りの晴れ着は
15000円ぐらいで入手できそうだし
顔が繋がった今後は、自分のものを見てもいいそう!


ただし、おじさんのお話へお付き合いは要覚悟。
ご実家は資×堂パーラーの横でご商売されてたらしく
華麗な交遊関係(みんな死んじゃったけどね、とか)に、
ご自身の会社のご贔屓さんの顔ぶれ、
はたまたハルはいかに芸事が似合う顔をしているか、まで
(いつ「僕の知り合いをご紹介しますよ」になるんじゃとひやひや)
こ一時間は続くのだな。


まさか自分がこんなに見知らぬ人たちと
立ち話するようになるとは思わなかったし、
それが東京にあるなんてもっと思ってなかったし。
子供と下町の力はスゴイ!!
posted by しほ at 03:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。