2011年06月22日

まず一勝

交渉第1回目。
そこはシホコさん、じんわりじんわり作戦です。

まずは上司の鹿児島出身I女史に
「ダンナが労基に行くっていい始めたんですが
ヤバくないですか」アラート。
素人ながらこの辺抵触しそう情報と
ほんと面倒な男ですみません、
なにぶんもっこすなもので、を添付して。

来ましたね、速攻レスが。

元人事のコンプラ担当役員呼出しで
即日ミーティング。

役員の判断をしても、こりゃまずいかもな、で。
まずは人事に事実確認してみて
場合によってはボードの耳にも入れなきゃ。
これを機に時短の定義づくりもしないとね。

と、ジャブ入れは完全勝利。ふふん。

役員が本当に動くのか、
時短の定義は正当なものになるのか、
振り返って返済されるのか、
まだまだ未知数な中でぬか喜びかもしれないけど。
何せ社長の一言で今の制度になったはずで
神の彼がふざけんなと発した瞬間
全てがチャラなのは見えているから
外掘にも達していないのだけれど。

でもま、今夜は小さく祝杯だな。
posted by しほ at 18:33| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

息止まった

昨夕のお迎えにて。
保育園をでて10歩目ぐらいで
抱っこの右腕からアカネが転落。
脳震盪を起こしたらしく
ふぅっと眠ったように。

揺すっちゃいけないと思いつつ、
思わず大声で抱きしめてしまった。

真っ白になった頭で
園に戻り看護士の先生をあたるも、既に帰宅。
保冷剤を借りて、腫れはじめた右のこめかみに。
この頃には泣いたり、そんな中でも先生にバイバイしたり
意識ははっきりしていたけれど
やっぱりボンヤリ元気なしで。

怖い想像と戦いながら
そっと、でも最速で自転車帰宅し、
保険証と診察券とお煎餅を鞄に突っ込み、
タクシーでハルの保育園→聖路加病院へ。

体温・血圧測定、触診、じっくり診察の後、
CTの子供への影響を鑑みると
今日は様子見にしましょう、ということに。

車で駆け付けてくれたにぃさんも一緒に
4人静かに帰宅。
車内でおっぱいをくわえると
すとん、と寝たアカネ。

そのまま朝までぐっすりと寝て
起きるとご機嫌最高、食欲満点。
まーったく問題なしの様子に、
とにかくとにかくとにかく安堵。

なんともなくて、よかった‥‥
posted by しほ at 18:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

周到に。慎重に。

労働基準局に問い合わせしようか、悩み中です。

育児休暇復帰時点での大幅給与改定、
それも規程と乖離した説明は
おそらく法律に抵触するんです。

こぶ付き女性社員、本音の本音は厄介者。
寝食削って働けない以上、仕事の絶対量は低下。
お熱に注射にちょぼちょぼ休みやがって。
なのに権利ばっかり振りかざしやがって。

会社の言い分はわかっている。
多分普通のワーキングマザーよりわかっている。
まだお世話になるんだったら
黙っていたほうが得策な気もする。
でも文字で残したくないのかなと思わせる動きをする
人事のおじさんにカチンとも来ている。
んです。

10年いたのに、毎日7.5時間ぶっ飛ばしてるのに、
新入社員同等のお給料は、やっぱりせつない。
豆腐の角で人事を倒すいい方法、
イロイロ考えては暗い気持ちになっています。

これは正義を振りかざすだけじゃダメなんです。
周到に慎重に用意しないと。
posted by しほ at 18:47| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

国立競技場で息子の応援

110612_1249391.jpg110612_13054311.jpg110612_1424421.jpg国立で息子のサッカーの応援。
実状はユニクロのU6対象のイベントなだけだけど。
夢のフレーズ、親には一生の思い出だわー
posted by しほ at 21:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。